「DRONE×NINJA」事業が愛知県のAichi-Startup推進事業「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金(起業支援金)」に採択されました

当社の「DRONE×NINJA」マイクロドローン観光映像コンテンツ制作・展開事業が、愛知県のAichi-Startup推進事業「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金(起業支援金)」に採択されました。

マイクロドローンとは、200グラム未満の小型のドローンで、元々はレースやフリースタイル(飛行技術の美しさを競う競技)用ドローンから派生したものですが、高い機動性やコンパクトさをいかした斬新な映像表現が可能です。

「DRONE×NINJA」は、マイクロドローンを「忍者」に見立て、地域の魅力ある観光地や伝統文化、神社仏閣、 街の風景、人々の営み、自然を「空撮」に加えて「すり抜け」や「跳躍」といった新しい映像表現を用いて撮影・編集し、映像コンテンツとして世界に発信する事業です。

一般的な空撮用ドローンは目視で機体を飛行させ、送信機で見る映像は撮影のみのためのものですが、マイクロドローンはカメラの映像(FPV)をゴーグルで見ながら飛行させます。映像の遅延が操縦者の反応に直結するため、映像の伝送速度に遅延がない5.8GHz帯を使用します。

一般的な空撮用ドローンの映像とマイクロドローンの映像を比較すると、マイクロドローンは安定感こそ劣りますが、機動性やスピード感のある映像に向いています。

高画質で撮影できるマイクロドローンが登場したことにより、各種ドローンの中でも最先端の映像表現が可能です。また 200グラム未満のため航空法適用外で、人に近づけても危険性が少ないことがメリットとして挙げられます。(5.8GHz帯の電波を使用するため、無線従事者免許と無線局開局が必要になります。その他各種法令を遵守し安全を確保した上で本事業にあたります。)

当社は、本事業を通じて世界に日本の知られざる魅力を知らしめ、観光振興やインバウンドの拡大に寄与し地域の課題を解決したいと考えております。


  • Aichi-Startup推進事業「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金(起業支援金)」について

愛知県では「Aichi-Startup戦略」に基づく事業の推進に当たり、ITや新しい技術等を活用し、地域課題の解決を目指し、かつ、新市場の開拓や高成長を目指して起業する方々に対して、起業に要する経費の一部を支援するとともに、事業の成長を加速させるための経営面等に係る伴走支援を行い、愛知発のスタートアップ企業創出を促進する補助事業を実施しています。(愛知県ウェブサイトより) 

当社は、2019年度「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金(起業支援金)」に「DRONE×NINJA」マイクロドローン観光映像コンテンツ制作・展開事業を申請し、外部有識者を中心とした審査委員会での審査を経て、採択されました。

0コメント

  • 1000 / 1000