13店舗が加盟「名古屋シメパフェ」をスタートしました

株式会社一旗(代表取締役:東山武明)は、札幌発の新しいフードカルチャーとして大きなムーブメントになっている「シメパフェ」を名古屋にも拡大し地域の活性化につなげるため、「名古屋パフェ推進委員会」を立ち上げ、名古屋学院大学商学部「杉浦ゼミ」(教員:杉浦礼子准教授)で地域イノベーション学を学ぶ14名の学生とともに「名古屋シメパフェ」普及に向けた活動をスタートしました。 

学生が主体となり名古屋近郊でパフェを提供する店舗に参加を呼びかけ、13店舗が加盟。

今後は「名古屋シメパフェ」公式ウェブサイトやSNSでの情報発信に加え、キャンペーンやオリジナルパフェの企画開発、企業とのタイアップなどの活動を行ない、新たな「名古屋めし」としての認知拡大を目指していきます。 

また、加盟店のひとつ「キュームカフェエア」は、タルト生地のカップごと食べられる「キュームパフェ」を新たに開発し、「名古屋シメパフェ」のスタートに合わせてこれまで提供していなかったパフェの提供を開始しました。その他、各加盟店がそれぞれ工夫を凝らしたパフェを提供しています。

ぜひ一日の締めくくりに「名古屋シメパフェ」をご賞味ください。

0コメント

  • 1000 / 1000