150年の時を超えて復活!美濃焼の逸品「亀吉どんぶり」〜どんぶりの里の伝説の器〜


岐阜県土岐市にある美濃焼の窯元「丸新製陶」からの委託により企画したプロジェクト。

江戸時代末期、美濃焼の名陶工・塚本亀吉の手によって作られ「ハレの日」の器として愛されたどんぶりがあります。重厚な造形と優美な色彩。「亀吉どんぶり」として地域の礎を築きましたが、現代では希少価値の高い古美術品として残されています。亀吉の五代目を受け継ぐ陶工が伝説の逸品を新たな感性で現代に蘇らせます。


0コメント

  • 1000 / 1000