老舗縁日問屋発「セルフ縁日」プロジェクト

名古屋の老舗縁日問屋・株式会社堀商店と共同で企画した「セルフ縁日」プロジェクト。

新型コロナウイルスの影響で全国の夏祭りや花火大会が相次いで中止になり日本の祭り・縁日文化が危機を迎える中、家庭で手軽に縁日を楽しめる「セルフ縁日」セットをクラウドファンディングを通じて支援者に提供し、祭り・縁日文化を体験してもらうことで、次の世代にこの大切な文化を受け継いでいこう、という企画です。


堀商店は創業以来70年、縁日関連商品を名古屋の店舗やオンラインショップで幅広く取り扱ってきましたが、当社の企画サポートのもとで創業以来初めてのクラウドファンディングに挑戦しました。


「セルフ縁日」セットは、ヨーヨー風船釣り、スーパーボールすくい、射的、輪投げ、カタヌキ、お面、光るうちわ、光るボトル、花火、駄菓子セットなど、10種類以上の祭り・縁日屋台が家庭で体験でき、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で支援者に対するリターンとして提供しました。


2020年7月2日から支援者の募集を開始し、7月31日の締め切りまでわずか1か月のうちに支援者は377人、支援金は3,935,120円に達しました。


また、メディアの注目を多く集め、「NHKニュース おはよう日本」、日本テレビ「news every.」、NHK名古屋「まるっと!」、メ〜テレ「アップ!」、東海テレビ「ニュースOne」、中京テレビ「前略、大とくさん」、朝日新聞、中日新聞、日経MJ、中部経済新聞、その他ウェブメディアにも多数取り上げられました。

参考記事

名古屋の老舗縁日問屋発「セルフ縁日」プロジェクトがメディアの注目を集めた理由

「セルフ縁日」セット(クラウドファンディングのリターン) 名古屋のPR会社・株式会社一旗と名古屋の老舗縁日問屋・株式会社堀商店が共同で企画した「セルフ縁日」プロジェクト。 新型コロナウイルスの影響で全国の夏祭りや花火大会が相次いで中止になり日本の祭り・縁日文化が危機を迎える中、 家庭で手軽に縁日を楽しめる「セルフ縁日」セットをクラウドファンディングを通じて支援者に提供 し、祭り・縁日文化を体験してもらうことで、次の世代にこの大切な文化を受け継いでいこう、という企画です。 クラウドファンディング「CAMPFIRE」で2020年7月2日から支援者の募集を開始し、7月31日の締め切りまでわずか 1か月のうちに支援者は377人 、 支援金は3,935,120円 に達しました。 目標200万円に対し、約2倍の成果 です。 参考: CAMPFIRE「今年の夏祭りは家庭で!老舗縁日問屋発「セルフ縁日」プロジェクト!祭りを次の世代へ」 どうしてこのプロジェクトがメディアの注目を集め、多くの人々の共感を得て成功したのか。 その裏には、 老舗縁日問屋の想い と、 地域のPR会社ならではの戦略 がありました。 堀商店のみなさん(中央が社長) 名古屋市にある老舗縁日問屋・堀商店は1950年創業。 3代目となる現社長の祖母が戦後の焼け野原から立ち上がり、名古屋で飴を仕入れ東京で販売、東京でおもちゃを仕入れ名古屋で販売するところから商売をはじめ、以来70年、全国のお祭りや花火大会に必要不可欠な縁日関連商品を名古屋の店舗やオンラインショップで幅広く取り扱う問屋です。 創業70年目の今年、 新型コロナウイルスの影響で全国の夏祭りや花火大会が相次いで中止 になり、堀商店を含め多くの祭り・縁日関係者が苦境に立たされています。 企画の発端は「社会的背景」と「祭りは日本の大切な文化」という想い 「セルフ縁日」プロジェクトのコンセプトを企画したのは名古屋市にあるPR会社・株式会社一旗。NHK出身の代表が2019年に設立した会社です。 堀商店の社長の跡取り、堀新太郎氏と一旗の代表、東山武明が出会ったのは友人を介しての「Zoom飲み会」でした。 商社から家業に戻ってきたという堀新太郎氏から、 新型コロナウイルスの影響

名古屋の老舗縁日問屋発「セルフ縁日」プロジェクトがメディアの注目を集めた理由|株式会社一旗のストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY

0コメント

  • 1000 / 1000